フィラデルフィア クリームチーズ

  1. トップページ
  2. フィラデルフィアが愛される理由

食卓に幸せつくる。フィラデルフィア

フィラデルフィアが愛される理由ABOUT PHILADELPHIA

リッチでクリーミー

豊かなコクとなめらかでクリーミーなおいしさ。それがフィラデルフィアのこだわりです。多彩なラインナップで、リッチな味わいをお楽しみください。

商品情報を見る

広がるレシピ

ひとりひとりの様々な用途に応える、バラエティ豊富なレシピ。チーズケーキにはもちろん、お料理にも、おつまみにも、毎日の食卓にフィラデルフィアが活躍します。

レシピを見る

フィラデルフィアの歴史

クリームチーズの誕生から日本に伝わるまでの歴史を「フィラデルフィア」と共にご紹介します。

クリームチーズが誕生したのは、今からなんと100年以上前の1872年。ニューヨークの小さなチーズメーカーにより製造された、四角い形のクリームチーズが始まりです。当初は手作りで製造されていたため品質にばらつきがありましたが、現在ではクラフトの最新の技術と一貫した製造管理のもと、独自の製法で最高品質のクリームチーズが作られています。

1880年には、トレードマークの「フィラデルフィア・ブランド」の名称が採用されました。当時、アメリカ東海岸ペンシルバニア州にあるフィラデルフィアは超一流の食品、特に乳製品が有名でした。

クリームチーズが料理の材料として使われはじめたのは、1920年代半ば。当時クラフトはクリームチーズを一般に広めるために、家政学者を雇い様々なレシピを開発しました。この時考案された“フィラデルフィア・クリームケーキ”が、現在のチーズケーキとして知られています。1928年、クラフトは唯一のクリームチーズメーカーであったフェニックス・チーズコーポレーションを合併。クリームチーズの代名詞フィラデルフィア・ブランドをラインナップに加えました。

日本に初めてクリームチーズが登場したのは、1970年。レモンなどの果汁酸を加えなくても乳酸の旨味を生かしたコクのあるチーズケーキができることから、当時のチーズケーキブームにのって、一気に日本中に広まりました。現在、フィラデルフィア・ブランドのクリームチーズは、最も歴史のある高品質なクリームチーズとして世界のチーズメーカーに広く認められています。